いすみ市大原台 H様邸 浴室リフォーム

BEFORE
AFTER

先日の雨から一転、心地よい日差しにいよいよ春の気配が感じられるようになりました。
こんな天気のよい日にはどこか行楽に出かけたい気分です。

今日はいすみ市のH様の別荘の浴室リフォームについてご紹介致します。

別荘の水漏れ

普段は東京にお住まいのご夫婦。時折いすみ市にお持ちの別荘で休日を楽しまれているそうです。
ところが先日、その別荘の浴室のタイルの汚れが落ちなくなってしまったことをきっかけにご相談を受けました。

別荘は築20年。汚れの原因は蛇口の水漏れによる水滴汚れでした。
綺麗好きな奥様は色々とタイルの掃除を試みられたとのことでしたが、長時間同じ箇所に水滴が落ちていたためタイルが侵され汚れが固着してしまったようなのです。
普段お住いでない別荘のため、すぐに気づくことは困難です。

そこで床の張り替えの見積りをしましたが、普段からタイル床が寒いと感じられていたことから、浴室の全面リフォームになりました。

非日常的空間の演出

今回は別荘ということもあり「非日常的な空間を楽しんで頂きたい」というコンセプトのもと施工させて頂きました。

壁はシックかつモダンな落ち着きのあるデザイン。そして蛇口も高級感のあるものを選択しました。
浴槽も優雅で柔らかなアールのついた都会的な空間を演出しています。

もちろん機能性も充分です。
従来の浴槽は縁が高く、またぐのが大変。更には滑りやすく冷たいタイルの床でした。
転倒の心配もありますし、やはりヒートショックが非常に心配でもありました。

新しい浴槽は縁が浅く、お年をめされてもまたぐのに負担がありません。
また、床材は水捌けもよく、滑りづらいものを選んでいます。

使えるものはそのまま利用!予算を抑えたリフォーム

今回はもともと床の張り替えを検討されてからの全面リフォームです。
「なるべく予算を抑えられれば」という私の思いもあり、使えるものは全て使いました。

もともとついていたガスの浴室暖房も流用しました。
施工時に高さの制限がありギリギリでしたがなんとか収めました。

そして別荘ということもあり、シャンプーボトル等は常に置きません。
東京から来る際は詰め替え用の小瓶タイプに入れて持ってこられるという話をお聞きしていましたので壁面に小物入れを設置しました。

スペース的にも予算的にも無駄の出る大型の物置は敢えて廃しました。
小さくスマートなカウンターにしています。

施工を終えて

バスタブの設置を終えて念入りに最終チェックを行います。
この際、わずかですがパッキンのよじれを見つけ、すぐさまパナソニックの施工班に設置のやり直しを指示しました。予算は抑えても仕事に手を抜くことは私のポリシーに反します。

そんな甲斐もあって、今回もご夫婦にご満足頂けたようです。
「素晴らしい!色がいいね!」
「やって良かった!お風呂のリフォームはどんどん宣伝した方がいいよ!」と嬉しいお声。

このお客様の笑顔のため、私は日々仕事に勤しんでいます。ご満足頂けると私も満たされるのです。

パナクレールシーズあきば』では、お客様のご予算に応じ、低コストで最大限のご満足を頂けるリフォームをご提案しております。
お困りごとお悩みなど、お気軽にご相談ください。

施工時期 2018年3月
お客様 いすみ市大原台 H様
施工実績カテゴリー